HOME
  • ●観測分解
  • 意識が現象に注意を向けるとき,情報を取捨選択していることを観測分解という. 引き出せる情報量に限界があることを不確定性という.
  • ●可観測・感覚器官・可能性
  • 観測すればいくつかの可能な状態のうち1つの可能性に確定する. 起こったことと起こらなかったことが判明するので,形が確定する.
  • ●リーマン予想とチューリングパターン
  • チューリングパターンが発生するゼータ関数の類似関数がある. 複素空間には3次元チューリングパターンが流れている.
  • ●渋滞と自己組織化
  • 点線面が接するところで渋滞は起こりうる.渋滞を活用すると反応が起き,抑制すると整流が起きる. 万物は反応と整流からなる.
  • ●最尤反応点推定法
  • 分子が反応する個所は電荷と重さと形の柔軟性からおおかた予想がつく. 反応点を構造式のみから計算するための記法がある.
  • ●量子論的流体力学
  • 摩擦とは点線面が接するとき,その接点に応じて生じる現象である. 空間にも摩擦があり,時空にも粘性がある.
  • ●決定論的量子論
  • すべてを知ると,すべては起こるべくして起こる. 神がさいころを振る確率はゼロである.