HOME
  • ●ポーカー・流体・待機列
  • 積んだ層をスタックは上,キューは下,ポーカーは中を引き抜く.管の穴から出る流体や,書棚から取る本は同じ構造である.
  • ●ポリゴングラフ
  • 節と辺の値を用いて稜を定義すると,グラフの速さを表せる.グラフでペースを計算できるようになる.
  • ●メンガーのふるい
  • 節の値と辺の値を縦横にとった表を作り,縦横でペアになるセルをたどっていくと,グラフの経路が求まる方法である.
  • ●カット・ペースト
  • グラフの辺を切断する操作に対し,節と節を辺でつなぐ操作がある.交通・通信・神経等,ネットワークの基本演算である.
  • ●リープグラフと複素確率
  • リープグラフは座標空間でのグラフである.コルモゴロフ確率とシャノン情報量の和である複素確率はリープグラフで表せる.
  • ●位数部・らせん拡大
  • 虚部は純虚数部と位数部からなる.すべての複素数は実数部と純虚数部と位数部をもつ.位数部の整数は実数へ拡大できる.