HOME
  • ●負のエントロピーと図書館
  • エントロピーを低く保つことで,生命は敏捷に反応できる. 掃除や整理は生命の最も生命らしい行為である.
  • ●アミノ酸評点パターン相関
  • 生命維持に必要な分子は必須アミノ酸を多く必要とする. 代謝されやすい外側の分子はその反対である.
  • ●加齢と重力
  • 時間が経つと重くなる.軽くあろうとするために老化する.
  • ●構造直接性
  • 分子の機能は分子の構造からくる. 生命内部であっても機能は構造から直接推論できる.
  • ●中心体アンテナ理論
  • 意識は微小管が光を受信するところからくる. 微小管が集まった中心体は光を神経と送受信している.
  • ●波動関数の収縮としての活動電位
  • 活動電位は波動関数が収縮したものである. 軸索と絞輪が閾値を決めている.
  • ●プリズムと神経伝達
  • プリズムは光を波長で分波する. 光は眼を通して神経伝達にエネルギーを与える.
  • ●免疫グルタミン酸欠乏説
  • グルタミン酸が神経の修復に使われるとそのぶん伝達量が減り, 他の伝達物質が過剰に流通する病気がある.
  • ●脳の長距離伸長戦略
  • 脳の領野はその機能を担う器官から最も遠いところに位置している. 伝達物質の移動にエネルギーを使い,脳を冷やす.
  • ●特号面と転写翻訳機械
  • 3点が定まれば面が1つ決まる.線状分子に3点目が絡めば機械的に進む. 遺伝暗号の3基性が淘汰で残った理由である.
  • ●分枝・管流・葉数
  • 生命は管である. 植物の本質的構造は分枝である.
  • ●細胞成長の法則
  • 振動数,細胞間距離,時間など,数種の物理変数によって細胞成長の大きさが決まる.
  • ●ストレスの方程式
  • ストレスにはストレス源が少なくて動きすぎることからくるものと, ストレス源が多くて緊張するところからくるものがある.
  • ●神為的進化論
  • 進化ないし遺伝・環境・栄養はすべて,神が与えてくださった.