HOME
  • ●情報の力学
  • 力は情報の関数で,緊張が続けば力は持続する.力を多くもつ情報ほど持続する.力や持続時間は波数を圧力で割ったものである.
  • ●3ビットロボット論理系
  • 真・偽に加え,待機・決定・行動のOSプロセス状態と,開始・終了・停止の計算過程を含めた3ビット8値の論理である.
  • ●ポーカー・流体・待機列
  • 積んだ層をスタックは上,キューは下,ポーカーは中を引き抜く.管の穴から出る流体や,書棚から取る本は同じ構造である.
  • ●ポリゴングラフ
  • 節と辺の値を用いて稜を定義すると,グラフの速さを表せる.グラフでペースを計算できるようになる.
  • ●メンガーのふるい
  • 節の値と辺の値を縦横にとった表を作り,縦横でペアになるセルをたどっていくと,グラフの経路が求まる方法である.
  • ●カット・ペースト
  • グラフの辺を切断する操作に対し,節と節を辺でつなぐ操作がある.交通・通信・神経等,ネットワークの基本演算である.
  • ●複素ビットと一般情報量
  • 一般情報量とは,減少した不確かさの顕在情報量,未知の不確かさの潜在情報量,増大した不確かさの知識情報量の和である.
  • ●リープグラフと複素確率
  • リープグラフは座標空間でのグラフである.コルモゴロフ確率とシャノン情報量の和である複素確率はリープグラフで表せる.
  • ●位数部・らせん拡大
  • 虚部は純虚数部と位数部からなる.すべての複素数は実数部と純虚数部と位数部をもつ.位数部の整数は実数へ拡大できる.
  • ●かわいいの工学
  • かわいいとは情報量が少ないことをいい,エントロピーを下げる性質がある.漫画化とは情報量を減らしかわいくする行為である.
  • ●秘密論
  • 情報は隠し通すことができない.今世紀の情報革命は検索機関による検索空間の専有から始まった.